インフルエンザの症状 まとめ

約1週間ぶりの更新となってしまいました。
実は、人生初のインフルエンザにかかってしまい、寝込んでおりました。

そこで、今日はインフルエンザの症状についてまとめてみようと思います。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日くらいと短めです。

その後、下のようなインフルエンザの特徴的な全身症状が強く現れます。
・突然の38℃以上の高熱
・寒気や震え
・関節痛
・筋肉痛
・頭痛
・全身倦怠感
・食欲不振

その後
・咳やのどの痛み
・鼻水
・腰痛
・吐き気
などが現れることもあります。
突然の高熱が出たら、まず病院でインフルエンザの検査をしてもらいましょう。

インフルエンザの治療には抗インフルエンザウイルスの服用が有効です。
薬を服用することにより、症状が緩和され、ウイルスも少なくなってきます。
とはいっても、すぐには完治しません!
周囲の人に感染してしまうのを予防するためにも、
必ず病院で処方された期間の薬は飲みきってしまうことが重要です。

そして、学校なら出席停止期間というのが定められてありますが、
社会人には明確に定められていないようですが、出席停止期間に習うのであれば、
「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで」自宅で安静にしておくのがよさそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ