今が旬の「もずく」で生活習慣病予防

先日、沖縄へ旅行してきました。
沖縄には普段見かけない食材が多くあり、
食べることも楽しみのひとつなのですが、
今は「もずく」が旬ということでたくさん見かけました。

私は普段スーパーで買う「もずく酢」しか知らないのですが、
生のもずくが簡単に手に入る沖縄ではいろいろな食べ方をしています。
スープやおそば(うどん)に入れたり、コロッケにしたり、天ぷらにしたり・・・

今が旬の「もずく」には、実はたくさんの効能があるんですよ!

カルシウムやマグネシウムのミネラルをバランスよく摂取でき、
ぬるぬる成分のアルギン酸とフコイダンの食物繊維には優秀な作用が多くあります。

●糖尿病の予防・・・食物繊維が豊富なので糖の急激な吸収を緩和します。

●動脈硬化の予防・・・フコイダンには血液をサラサラにする働きがあります。

●低コレステロール作用・・・アルギン酸とフコイダンに悪玉コレステロールを体外に排出する働きがあります。

●抗酸化作用・・・フコイダンには活性酸素による体のサビを防ぐ作用があります。

●がん予防…アルギン酸には各種がんを予防する効果があると言われています。

このように生活習慣病によい食材であり、低カロリーなのでダイエットなどにも向きます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ