夏のきゅうり -高血圧予防にも

暑い日が続いていますね。

夏の代表的な野菜であるきゅうりには身体を冷やす作用があります。
また、むくみやだるさを解消してくれる効果もあるので、暑い夏にはおすすめの食材です。

きゅうりは利尿作用も高く、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出してくれるので、血圧の低下にも役立つといわれています。

そのほかにも、糖尿病や腎臓病にも役立つといわれたり、近年では抗がん作用があると研究されています。

漬物は乳酸菌の働きで栄養価も高まりますが、塩分が多くなりがちなので、塩分の気になる方は酢の物で食べるのがオススメです。

きゅうりの95%は水分と言われていますが、きゅうりのもつ効能にも注目して、夏の食生活にうまく取り入れて生きたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ