中性脂肪にも効くりんご

「1日1個のりんごで医者いらず」という諺があるくらい体によいと言われるりんご。
最近では、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

食生活の問題や運動不足によって引き起こされ、動脈硬化などの原因ともなる「中性脂肪」もりんごの摂取によって改善されるそうです。

りんごポリフェノールと呼ばれるりんごの抽出成分が、血液中の中性脂肪の増加を抑える効果があると研究結果からわかってきたそうです。

また、リンゴ繊維が余分なコレステロールを排出する働きをしてくれるので、動脈硬化や糖尿病等の予防にも効果があると言われています。

この有効な成分であるリンゴポリフェノールやペクチン(食物繊維)は、リンゴの皮の内側や皮と果実の間の部分に多く含まれているので、リンゴは皮ごと食べる方が健康のためには効果的です。
しかし、体にいいからといって食べすぎは果糖も気になりますので、やはり1日1個くらいがいいのでしょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ