今が旬のタコのタウリンで動脈硬化予防

日本全国で獲れるタコですが、マダコは6~7月の今が旬なんだそうですよ。
今の時期のタコは冬の時期に比べると、身が柔らかく、味が薄いそうで、関西の人が好む傾向にあるんだそうです。

タコといえば、タウリンという栄養素が含まれていることでも有名ですね。

タウリンは魚介類に多く含まれる栄養素ですが、高血圧を下げたり、コレステロールを下げたり、中性脂肪を減らしたりとの働きがあります。
このような働きから動脈硬化等の予防にも役立ちます。

タウリンは熱による変性はありませんが、水には溶け出しやすいので、さっと茹でるか、煮物などにして煮汁もいっしょにいただきたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ