中性脂肪を減らすDHA、EPA うなぎにも豊富!

土用の丑の日が何日か前に過ぎましたが、みなさんはウナギを食べましたか?
今年はウナギが高値であるにも関わらず、やはり人気だったようですね。

ウナギといえば、精がつくとか夏バテ防止だとか言われていますが、、、
注目すべき栄養素はビタミンAで魚介類の中でトップクラスです。

ビタミンAは免疫力や病原菌への抵抗力を高めたり、
視力障害の予防などに効果があります。

また、加熱しても壊れにくいのも特徴です。

その他ビタミンB群やカルシウム、ミネラルも豊富ですが、
話題のDHAやEPAも豊富に含んでいます。

DHAやEPAにはコレステロールや中性脂肪を減らし、
動脈硬化や脳梗塞などの予防になるとしてよく知られています。

DHAやEPAは体内で作ることはできず、魚介類から摂取しなければなりませんが、ウナギにはイワシに匹敵する豊富なDHAやEPAが含まれています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ