気になる中性脂肪に DHA・EPAの豊富な郷土食「じゃこ天」

近年、地方のアンテナショップなどが増えて、都内の居酒屋などでも郷土食がお目にかかることが増えました。
『じゃこ天』もそんな料理のひとつで、もとは愛媛県南予地方の郷土食です。

じゃこ天は小魚の頭と内臓を除き、骨ごと、皮ごとミンチ状にすり潰して揚げたものなので、カルシウムやDHA、EPAがとても豊富で、中性脂肪やコレステロールを気にする方にもオススメです。

とはいえ、揚げ油が気になる方は、ご自宅で手作りしてフライパンで焼いて作ることもできます。

普段、青魚が苦手な方は、ショウガなどで臭みを消すと食べやすくなり、成長期のお子様も好んで食べてくれます。

DHAやEPAには、中性脂肪を下げるほか、動脈硬化の予防に大変有効だといわれていますし、お子様の脳の成長にも欠かせないものです。

家族で食べれる一品としてオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ