6.2秒に1本売れているバカ売れ特保飲料ニッスイイマークS

食べ物で中性脂肪を下げる

中性脂肪値を下げるために控えるべき食べ物・食事方法

中性脂肪を減らすには、それに効果のある食材を使ってみたり、 食事方法をとるだけでなく、控えるべき食べ物を覚えておくことも重要です。

具体的に控えるべき物として挙げられるのは、 バターや脂身の肉など動物性脂肪、甘いもの、丼物、アルコール、 鶏卵、鶏レバー、豚レバー、たらこ、うなぎ などです。

これらの取り過ぎは中性脂肪値を上げてしまうので、 高脂血症や脳・心臓での重い病気に近づくことになります。

また、食事方法として注意すべきなのは一日の摂取エネルギー以上に 食べ過ぎないことと、早食いしないということが挙げられます。

積極的に摂取すべき食べ物・食事方法

一部の食材や食事方法を控えた上で、今度は是非、日々の生活の中に取り入れてほしい物をご紹介します。

主なものとして、ぶり・さんま・さば・まぐろなどの魚類、大豆、海藻、きのこ にんじん・かぼちゃ・小松菜・トマト・緑茶などの緑黄色野菜、こんにゃく、ごぼう、バナナ、キウイ、食物繊維の多いもの、ビタミン・ミネラル などがあります。

また、食事の際に、良く噛んで食べることと、 朝食を必ず取る習慣を身につけるとより一層効果が増します。

ニッスイのイマークSは、青魚に含まれるEPAを豊富に含んでいます。中性脂肪を下げる効果が臨床試験で認められた特定保健用食品です。




このページの先頭へ

オーストラリアの産業