6.2秒に1本売れているバカ売れ特保飲料ニッスイイマークS

イマークSを飲む機会に日常生活を改善しましょう

自分の日常生活のなかで、運動をしない、ウォーキングもしない人は中性脂肪値に要注意。

運動は、カロリーを消費してくれるだけではない。運動により血液の流れが改善され、血管の弾力性も増す。また、善玉コレステロールが増す=血管に溜まっている悪玉コレステロールが減るので動脈硬化になりにくいからだをつくる。糖尿病の人でも、本来は、いろいろな薬をあの手この手と使う薬物治療より運動のほうが第一選択ですよと言われる。

また、食生活が偏り、インスタント食品や外食が多い人は中性脂肪値に要注意。インスタント食品がおいしく感じるのは、塩分濃度が高いから。おまけに、添加物が使われていることが多い。居酒屋に行って、「とりあえず」と、すぐに出てくるメニューは案外、冷凍食品が多い。フライドポテトも、ピリ辛ゴボウも、塩分濃度が高く、カロリーも高い。

その上に、間食をよくする、お饅頭よりケーキをよく食べる人も中性脂肪値に要注意。和菓子は油分も少なく案外カロリーが低い。炭水化物が多いので何となく満腹になる。が、ケーキは一般的にカロリーが高い。おまけに、間食によって、胃は休むことができない。

更に、アルコールを毎日、飲む人は要注意。余剰の脂肪は肝臓に溜まる、正確に言うと、脂肪は消化されていくうちに脂肪酸にまで分解され肝臓に運ばれる。必要以上に摂取すると、過剰な脂肪は中性脂肪となって肝細胞に溜まる。こうなると脂肪肝、フォアグラ状態である。肝臓で解毒化されるはずのアルコールも余ると、脂肪肝となる。

イマークSを飲む機会に、自分の日常生活を改善すると、より健康を手に入れることができる。




このページの先頭へ

オーストラリアの産業