6.2秒に1本売れているバカ売れ特保飲料ニッスイイマークS

イマークSを実際に飲んでみた体験談1~15日間

最近、運動もあまりしなく、何だか太ってしまった。それなのに、食べ過ぎやアルコールを飲む機会は増える一方、今や正真正銘のメタボリック。自分の生活習慣を見直さなければいけないと思いながらも、この生活は、なかなか自分の努力だけでは改善できそうもない。

そんなときは、まず、お試しのイマークSを飲んでみる。いろいろ注文方法はあるが、インターネットからお試しセットを申し込むと、一番、時間も費用もかからない。

私の場合、注文後、3日で届いた。注文してあまり時間が経つと、やる気をなくしてしまうので、すぐに届くのはありがたい。早速、イマークSの箱を開けると効果効能の説明がある。興味があるので、注意深く読んでみた。これこそ、私のからだに必要なものだと痛感する。

勿論、すぐに飲んでみた。栄養食品にしては案外飲みやすい。物によっては、漢方が入っていて滋養強壮にいいですよとか、健康補助食品の●の薬効の成分が発揮するとかあっても、飲みづらく、喉に引っかかり長続きできないものが多いが、イマークSは豆乳ベースのヨーグルト味なので、さらっと飲める。

厚生労働省は日本人の食事摂取基準(2010年版)ではエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)は1日に合計1000mg以上の摂取を推奨している。イマークSには1本EPA600mgとDHA260mg含まれている。

イマークSを1本と、鰹節でとった出汁、朝ごはんで食べる鯵の開き、晩御飯で食べる鮭の刺身や鰯のつみれ汁などで、1日に必要なEPAやDHAは摂取でき、血液はサラサラのままでいられる。




このページの先頭へ

オーストラリアの産業