6.2秒に1本売れているバカ売れ特保飲料ニッスイイマークS

食べ物で中性脂肪を下げる

既にイマークSを飲み始めて2週間。お試しセットも既に飲んでしまい、いよいよ定期購入。昼食前に飲むとか、夕食前に飲むとか、いつの間にかイマークSを飲むのが生活の習慣となった。

ここまで検査値に変化が表れると、本当に、ビックリ。イマークSを飲み始めて4週間たった頃に、血中中性脂肪が40%減少した人がいる。ちょっとうらやましい。オリーブオイルにも中性脂肪を減らす効果があるらしいが比較にならない。ここまで下がると、からだのなかの血液はサラサラになっているんだろうとつくずく思う。

もともと、青魚を食べる習慣がある人は、これほどまでに数値が下がらない人もいるらしい。が、青魚を毎日食べるためには大変な努力がいるような気がする。

青魚と聞かれると、まず、鰯が頭に浮かぶ。値段も手頃で手に入りやすいのもあるが。鰯を買うと私はよく蒲焼きをする。3枚開きにし、小麦粉を付けてサラダ油で両面を焼く。その後、余分な油を捨て、そこへ砂糖と?油を入れ絡める。鰯を料理では家族に最も好評な一品だが、ここで注意しなくてはいけないのが、サラダ油。焼く時、油が少ないとうまく焼けないので、少し多い目に入れる。そして、蒲焼には砂糖を入れる。この油や砂糖は、メタボリックの人にとっては大敵、過剰摂取になってしまう。蒲焼は食べたいがカロリーの高さを考えると、つくるのが億劫になる。その点、EPAやDHAをイマークSで取ると、余分なカロリーを取らなくてよい。非常にありがたい。

また、お茶でも中性脂肪を減少できる。中でも、ハーブティーがいいらしい。ハーブティーにはいろいろ種類があるが、デドックス効果があり、体内を浄化する。これも生活に取り入れるとようさそう。




このページの先頭へ

オーストラリアの産業